2010年12月人生が壊れた。HIV陽性、エイズ発症。絶望とともにどこまで行ける?
   絶望Let me fly
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
早起きは三文の徳
2006-02-24-Fri  CATEGORY: 日記
トリノ五輪女子フィギュアの日本人女子選手たちを見ようと
今日は朝5時起き。
前日のニュースで日本人選手が登場する時間をNHKがTVで伝えてくれていたから助かった。
NHKさん、ありがと。受信料は払ってないけど。

それにしても荒川静香。
サイコーだった。
他の有力選手たちがオリンピック独特の雰囲気に飲まれミスを侵してしまう中、
ひとり冷静にのびのびと楽しそうに演じてたのが印象的だった。
長い手足をしなやかに振りかざして、穏やかだけど力強い空気を作り出していた。
そして、イナバウアー!
本当に美しい。息をのんでしまう。
彼女だけが“競技者”としてではなく“表現者”として演じたからこそ、今回の金メダルにつながったのだと思った。
見ているオレたち大部分の素人には、
果たして今何回転しているのか、トリプルアクセルって?
ほとんど区別なんてつかないまま見ているはず。
その中でも確かに感じる感動は、決して点取りのための技術に反応しているからではない。
見ている人に何かを表現したいという、演技者の貪欲な情熱を感じ取っているからこそだと思う。
今回のトリノ五輪のスローガン「Passion Lives Now(情熱はここにある)」を
一番表現できていたのが、荒川静香、きっと彼女だったのだ。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2006/02 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -


余白 Copyright © 2005    絶望Let me fly. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。