2010年12月人生が壊れた。HIV陽性、エイズ発症。絶望とともにどこまで行ける?
   絶望Let me fly
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
いよいよ
2011-02-28-Mon  CATEGORY: HIV関連
いよいよ明日から職場復帰です。

正直、不安の方が大きく、近づいてくるにつれて
その思いはどんどん増殖してきています。

職場の人からメールがきて、そこには
「とりあえず無理せずにリハビリ感覚で」
と書いてありました。
少し救われました。

今夜はちゃんと眠れるか…難しそうです。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
感謝?
2011-02-27-Sun  CATEGORY: HIV関連
よく大きな病気をした人や、障害を持った人が、
自分を取り巻く世界や人に感謝をすると聞きます。
自分は「生かされている」と。

ところが今の自分はまったくそんな心境ではありません。
外出したりして外の世界に触れると、
むしろすべてのものが憎々しく思えます。
「自分が難病に冒されているのに、なんでみんなそんなに元気なんだ?」
「なんでそんなに楽しそうにいられるんだ?」と。
前を歩く人を蹴っ飛ばしたくなるのです。

発病してからまだ間もないからでしょうか?
職場に戻り、普通の日常が訪れるようになったら、
いつか自分を取り巻く環境に感謝することが出来るようになるのでしょうか?

自分にはまったく想像ができないのです。
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
一転して
2011-02-26-Sat  CATEGORY: HIV関連
春一番が吹いた昨日と一転して、
今日はまたまた寒さ復活でした。
洗濯を乾すのがきつかった…

今日は比較的副作用も楽かと思ったのですが、
午後から喉のいがらっぽさが出てきました。
昼寝もできあないほど横になっている方が何だかつらい。
これも薬のせい?
それとも花粉のせい?

薬を飲み始めてから
身体に起こる不調はすべて薬のせいに思えます。

職場復帰まであと2日です。
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
歯科医院
2011-02-25-Fri  CATEGORY: HIV関連
歯科医院に行ってきました。

治療中に出血することの多い歯の治療には十分な注意が必要なので、
どの病院でもいいという訳にはいきません。
病気に理解を示してくれ、器具等の扱いに細心の注意を払ってくれる
「協力病院」でないとだめなのです。
幸いにも隣駅に見つかりました。
まだ多少なりとも運があるみたいです。
歯科医院の先生もとてもいい感じで、
今までかかった歯医者で一番という印象。
初めてレーザー治療をしましたが、
まったく痛みなく歯茎の治療が行えるようです。
医学とは日々進化しつづけているのを
ここでも実感しました。

HIVだけが病気ではないので、
そちらもきちんと治療しようと思います。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
切ない夜
2011-02-24-Thu  CATEGORY: HIV関連
副作用が続いています。

軟便、加えて身体のかゆみがひどくなってきました。
夜になると症状が強くなるので入眠が困難。
入眠剤を使って何とか眠りますが、
トイレで2時間ほどで起きてしまったりすると
なかなか寝付けません。

今更ですが、病院でもらったそれぞれの薬のパンフに目を通しました。
なかなかにすごい薬の数々で、なるほどただで済むわけはないなと。
だからといって勝手に止めるわけにはいかないのです。
切ない夜は続きます。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
ぷれいす東京
2011-02-23-Wed  CATEGORY: HIV関連
NPO法人の「ぷれいす東京」に行ってきました。
HIVに関わる人たちのコミュニティです。
今日は顔見せという感じで、
社会福祉士の相談員の人と1時間半ほど話をしました。
これまでの経緯や薬のこと、親とのこと、
そして一番気にかかっている職場復帰に関することなど
色々話せたので実りのある時間でした。
今後、感染告知から6ヶ月以内の人を対象とした
グループミーティングに参加しようと思っています。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
ヒアアフター
2011-02-22-Tue  CATEGORY: 映画・ドラマ
『ヒアアフター』を観てきました。

死と向き合う3人の物語。
死生観を押しつけるような感じではなく、
だからといって決して軽すぎるわけでもない、
観ているこちらの想像力に委ねるような、
思っていたよりもずっとファンタジーでした。

個人的に好きなのは、中盤~後半辺りのシーン。
「あ、そういうことなの!?」という予想を巡らし鳥肌がたった途端に…
大音量に思わず身体を大げさにビクつかせてしまいました。

間違いなく「死」が近くでちょろちょろしている自分。
恐怖を感じるシーンもありました。
それでも見終わった後は静かな気持ちになり、
どこか救われたような気もします。
さすがイーストウッド!

今、この時に出会えてよかった一本でした。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
身障者手帳
2011-02-22-Tue  CATEGORY: HIV関連
身障者手帳を受け取りに福祉事務所へ行きました。
エイズになると身体障害者になってしまうんです…
でも、身障者になることで金銭的な治療の負担も激減します。
絶対に必用な手続きです。

自分が身障者であるという実感が困ったことにイマイチわいてきません。
普通に歩き回ったりできているからかも。
仕事に復帰したら、イヤというほど突きつけられるのかもしれません。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
今一番不安なこと
2011-02-21-Mon  CATEGORY: HIV関連
今一番不安なこと。

社会復帰するにあたり、健常者に囲まれて仕事が出来るのかということ。
ものすごくデリケートな服薬を、そういった環境の中で続けていけるのか…

「薬を規則正しく飲み続けなければ死んでしまう」

その緊張感を維持していけるのか…

この病気に対してもっともっと知らなければならないと思っています。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
今日から
2011-02-21-Mon  CATEGORY: HIV関連
親元から戻り今日からまた一人暮らしです。
40代のくせに心細いやら不安やら…情けない。

薬の副作用なのか、胃がキリキリ痛みます。
軟便(下痢)、頭痛、目の奥に感じる重み…にプラスされちゃうの?

来週から予定している職場復帰。
出来るのかなぁ。

水曜までに考えて職場に連絡します。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
壊れてしまった人生
2011-02-21-Mon  CATEGORY: HIV関連
2010年12月。
HIV陽性、エイズ発症。
人生が壊れました。

入院治療を経て、今自宅で投薬治療をしています。

これまでの内容を一新して、
自分なりに絶望と向き合って行こうと思っています。

暗く、ネガティブな表記が多くなると予想されます。
ご了承くださいませ。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2011/02 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -


余白 Copyright © 2005    絶望Let me fly. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。