2010年12月人生が壊れた。HIV陽性、エイズ発症。絶望とともにどこまで行ける?
   絶望Let me fly
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
白夜
2006-01-13-Fri  CATEGORY: 映画・ドラマ
今日、ドラマ『白夜行』を見た。
そして同じ日、小説『白夜行』を帰宅途中の電車内で読み終えた。
小説の方は完璧なミステリーで、
それこそ読む人それぞれでいろいろな解釈ができるようになっている。
小説だけひもとくとすればそこに純愛の要素はあまり感じられない。
主人公たちの視点で語られないためにその残虐さだけが目につき、
彼らと関わった人々がどんどん不幸になっていく様子にいたたまれなくなる。
いつしか主人公たちを憎むようにさえなっていた。

ドラマは、これは完璧な純愛物。
まだたった一話だが、よくあの原作を大筋を変えずにここまで脚色できるものだと、ただ脱帽。
個人的には小説よりもドラマの方が心穏やかになれる。
どっちが好きか、と問われれば今は直感だが「ドラマ」だと即答できる。

白夜―好きな言葉だ。
朝でも夜でもない虚構の世界観を感じる。

オレは、太陽の下を歩いていると言えるのだろうか。
刑事役の武田鉄也がステキだ。
金八ではどこまでも子供思いの教師。
一方、『白夜行』では子供にも容赦のない鋭い視線を向ける。
どっちが、というレベルではない締まり具合に本物のプロを見る感じ。
あの射抜くような視線は断然の存在感と迫力。
そして説得力のあるセリフ回しと間合いはさすがの一語です。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック2 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
「白夜行」どっぷり浸かりました・・・
トラックバック★ 風に吹かれて ★ 2006-01-22-Sun 19:04
白夜行東野 圭吾 / 集英社(2002/05)Amazonランキング:8,253位Amazonおすすめ度:決して判りえない人間の心の闇の部分、凄いですね。圧倒的なボリュームの小説Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog 雪の後が残ってて、せっかくの予定もキャンセル という  [続きを読む]
「白夜行」第1話
トラックバック神無詩音 2006-01-13-Fri 21:21
白夜行を見てみました。金八先生が、今回は、刑事になっていました。真実に一番近い刑事役かもしれません。雪穂のことを疑っているのはこの人だけでした。他の人は、子供がやるわけない。というような感じでしょうか。この刑事は、雪穂に「一つうそをついたら  [続きを読む]
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005    絶望Let me fly. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。