2010年12月人生が壊れた。HIV陽性、エイズ発症。絶望とともにどこまで行ける?
   絶望Let me fly
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
ついに誕生!
2008-04-16-Wed  CATEGORY: 競馬
ディープとドーベルの仔が誕生しました。
父母合わせて12冠という怖いくらいの良血!
関係者のみならずファンもドキドキの一頭です。

ディープ&ドーベルの12冠ベイビー♪血統名は【光飛】です


母ドーベルは現役時代に大好きだった一頭。
父ライアンの初年度産駒にして最大の孝行娘となった彼女には、
誕生秘話があります。
というのも、ドーベルの母メジロビューティーは特殊な血液の持ち主で、
日本にいる種牡馬の約22%としか血液型の適合をなさないのです。
それが判明したのはドーベルを身ごもった後のこと。
ライアンはビューティーとは適合しない血液の持ち主でした。
適合血液を持たない種牡馬との交配で生まれた仔には
母馬のお乳を飲ませられません。
感染症を起こして死に至る危険があるからです。
しかし、仔馬はお乳によって免疫力を得なければならず、
そんなドーベルに手を差し伸べたのが
奇しくもビューティーと同時期に出産を控えていた片盲のメジロローラントだったのです。


他にもドーベルは0歳時に大きな骨折をして大手術を経験。
ひと月もの長い間狭い馬房でじっとしていなければなりませんでした。
この時の辛い経験が競走時代の勝負根性につながったと考えられてもいるようです。


なんともドラマチックなドーベル。
オレが好きにならないわけがなかったんです(笑)

混合戦では肩透かしを食らうほどあっさりと敗れたりするにもかかわらず、
牝馬にだけは滅法強かったドーベルは個性いっぱいの馬でした。
4年連続でJRA賞を受賞した記録は
おそらく今後もそうそう破られるものではないはずです。

そんなドーベルとディープの夢の12冠ベイビーは、
2010年にターフへ登場予定。
そして2011年には父子&母子クラシック制覇の大偉業が…
考えただけでワクワクしてきます。
まずは無事に、とにかく無事に育ってほしいものです。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005    絶望Let me fly. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。