2010年12月人生が壊れた。HIV陽性、エイズ発症。絶望とともにどこまで行ける?
   絶望Let me fly
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
ハナレグミ
2005-08-18-Thu  CATEGORY: 日記
SBDのヴォーカリスト永積タカシのソロユニット・ハナレグミがお気に入りだ。
特にアコギの音色に縁取られた静かな音楽たちが好き。
そんな彼がSBD時代に発表した曲が
「さよならCOLOR」
ファンキーバンドSBDにおいては異色の曲だが、
もともとルーツがフォークだったタカシくんにとっては、
満を持しての曲って感じだったのかもね。
とにかくいいのよ。
シンプルで説得力のある詞を
語るように歌うタカシくん。
オレの数少ない座右の歌の一つ。

そんな彼の歌から奇才竹中直人氏がインスパイアされて誕生した映画『さよならCOLOR』を観てきた。
渋谷にあるユーロスペースという客席数が100くらいの小さな劇場。
客層はけっこう幅広かった。
竹中直人の映画ファンと思われる諸先輩方と、
オレのようなハナレグミファンの若手(ってことにしといて)が
小さな座席に寄り添うように腰掛けて。
映画は、静かな笑いと静かな涙を誘う、大人のラブストーリー。
どこかファンタジー。

「ボクは一生あなたにこだわり続けるんだ」

ラストシーンの竹中氏扮する主人公のセリフ。
ステキだ
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/07 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


余白 Copyright © 2005    絶望Let me fly. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。