2010年12月人生が壊れた。HIV陽性、エイズ発症。絶望とともにどこまで行ける?
   絶望Let me fly
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
旅立つ人
2005-10-01-Sat  CATEGORY: 日記
職場の同僚(♀)が9/30付で退職した。
5年間の勤めを終えて。
オレが接したのはその中のたったの3カ月だった。
仕事も出来るし、会社のシステムにも熟知している人だったから、
会社としても最後の最後まで引き留めていた。
でも、本人の意志は固かったみたい。

「今やっていることから少し距離をおきたい」

彼女の気持ちはよく分かる。

彼女にとって会社の人間関係は本当にステキなものだった。
だからそれが理由では決してない。
出来るなら残りたい。
だが、居心地の良さは時として自分の人生と向き合う姿勢を甘く包み込んでしまう。
そしてそれを感じるとステキだったことがどんどん辛く苦しくなっていく。

これはオレの勝手な想像。
最後の挨拶で彼女が少しだけ流した涙を見て、ふとそう感じただけ。
そして、それは3カ月前にオレ自信が感じたことそのものだった。
彼女の日々の仕事ぶり、対人関係ぶりを見ながら、
オレの前の職場で過ごした日々を思い出していたから。

“去っていく人”ではなく“旅立っていく人”
寂寥感と喪失感は自分へのメッセージだと思っている。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005    絶望Let me fly. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。