2010年12月人生が壊れた。HIV陽性、エイズ発症。絶望とともにどこまで行ける?
   絶望Let me fly
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
卒業
2005-11-15-Tue  CATEGORY: ノンケ
結局、辞めていった“疑惑のノンケ”君からアドレスは教えてもらえなかった。
オレが嫌いとかそういう感じではなく、イケメン君が一生懸命聞こうとしても教えてなかったから、
どうやらそういうやりとりがホントにイヤみたい。
オレとかイケメン君の対友人付き合いは「広く浅く」で、
自分は「狭く深く」らしい。
そうした違いの人間とは社交辞令のようにメアド交換をしたくないのだろう。
ようするに気位が高い。
彼に言われるまでもなく、オレ、そうした人間は苦手なの。
でもね、こっちが諦めて口にしなくなっても彼の方から「もう辞めたらキミには連絡しないから」と何度も何度も言うわけ。
「もういいよ。諦めた」
オレがきっぱりと言い切ると少し苦笑いしてた。
その表情に真意がひそんでいるかどうかは、今となってはもうどうでもいい感じだ。

彼が会社に来なくなってからまだ都合二日。
一日が長く、平凡に過ぎていっている。
業務自体が変わったわけではないのに、オレをとりまく空気が明らかに違う。

さびしいのだ。
つまらないのだ。


朝、始業の前にする話。
仕事の合間にちょこちょことする他愛のない会話。
時には冗談やバカ話。
それら、オレが楽しいと思っていたことがすべてなくなってしまったのだ。
オレのいけないところは職場にこういう関係を求めてしまって、
それに依存してしまうところだと思う。
男として社会で生きていくためのハングリー精神を抹殺してしまうところ。
まぁ、オカマだからいいかー
ではすまされない。それは物理的♂としての死活問題であるのだから。

いい機会だから、対人間関係に依存して浮つくのは卒業したいと思う。
前の会社のノンケ先輩もどうやらオレと馬券を買いに行くのは飽きてきたようだ。
そんな関係のためにオレが甲斐甲斐しくスケジュール調整なんかしなくてもいいってこと。
一方的に気持ちを押しつけるような依存心とはさよなら。

さよなら、だ。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005    絶望Let me fly. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。